【CES 14】初出展のヴァレオ、全自動駐車システムなどを紹介

自動車 テクノロジー 安全
全自動駐車システム
  • 全自動駐車システム
  • 全自動駐車システム
  • アイ・コントロール・システム
ヴァレオは、1月7日から10日まで米ラスベガスで開催される国際展示会「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」に初出展。ドライバーと周辺環境を接続することで、運転をより簡単かつ安全なものにする新技術を公開する。

同社は全自動駐車システムの実車によるデモンストレーションを実施する。ドライバーは駐車場の入り口で降車し、スマートフォンで同システムを起動。車は自走して空きスペースを見つけて駐車する。同様に、駐車場から出る時も、スマートフォンを使って車を呼びだすことができる。

また、目の動きによって運転を支援する「アイ・コントロール・システム」を実演。視線方向検出カメラにより、ドライバーはコントロールボタンに視線を送るだけで、ラジオ局を変更したり、道路交通情報を入手したりできる。ヘッドアップディスプレイ(HUD)技術とアイ・コントロール・システムを組み合わせることで、ドライバーは道路から目を離すことなく、操作を行うことができる。

同社はそのほか、新型キャデラック・エスカレードに搭載される「FullLEDライティングシステム」などを紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集