シンガポール地下鉄の新線、ダウンタウン線が開業

鉄道 行政

シンガポール地下鉄(MRT)で5路線目となる新線、ダウンタウン線の第1期区間が12月21日に開業した。現地紙ストレーツ・タイムズなどが報じた。同線はシンガポールMRTを運行する2社のうち「SBSトランジット」が担当、無人の完全自動運転を行う。

今回開業したのはチャイナタウン駅からブギス駅までの全長4.3km・6駅分。同線は将来的に全長42km・34駅の路線となる予定で、全線開業は2017年を予定している。鉄道業界誌インターナショナル・レールウェイ・ジャーナル(オンライン版)によると、車両はボンバルディア製の無人運転電車、Movia C951形を11編成導入。平日ラッシュ時は4分間隔、その他の時間帯は5分間隔で運行する。

シンガポール陸上交通庁(LTA)によると、12月22日から2014年1月1日までは開業記念として、同線を無料で開放する。

同国は2030年までに、地下鉄網の総延長を360kmまで拡大する計画を立てている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集