ナビタイム、対応バス路線にウィラーエクスプレスを追加

自動車 ビジネス 企業動向

ナビタイムジャパンは、トータルナビゲーションサービス「NAVITIME」およびAndroid向け「バスNAVITIME」などにおいて、12月19日より、「ウィラーエクスプレス」を対応バス路線に追加したと発表した。

ウィラーエクスプレスは、首都圏と京阪神を結ぶ路線をはじめとした、全国主要都市間を結ぶ高速バス路線。帰省や就職活動などに利用できるほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンなど人気スポットへの直行便も多数運行し、観光の際にも便利に利用することができる。

なお、KDDIと協業で提供中の「EZナビウォーク」、「auナビウォーク」においても、ちばグリーンバスに対応。ケータイ、スマートフォン端末、パソコンから、ルート検索のほか、時刻表、周辺バス停検索、停留所名からのバス停検索、時刻表の確認などができる。

また、12月25日(予定)より、「NAVITIME」スマートフォンサイトと「PC-NAVITIME」にて、ウィラーエクスプレスの予約連携機能を追加。ルート検索結果や時刻表にウィラーエクスプレスが含まれている場合に予約ボタンが表示され、該当の便の最安値や空席の確認、予約までスムーズに行える。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集