マラソン日本グランプリ 5時間耐久レース、1月11日 富士スピードウェイで開催

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

マラソン日本グランプリ 5時間耐久レース
  • マラソン日本グランプリ 5時間耐久レース
  • マラソン日本グランプリ 5時間耐久レース
富士スピードウェイは2014年1月11日、「スーパーママチャリグランプリ」の姉妹イベントとして「スーパーマラソングランプリ with イイコトチャレンジ 第1回マラソン日本グランプリ 5時間耐久レース」を開催する。

同大会は、国際レーシングコース(4563m)を舞台に、子どもからシニアまで、幅広い年齢層のアスリートが参加できる、8クラスに分かれた個人種目を設定。さらに、3~5人の走者が交代をしながらゴールを目指す「GT」、2人1組のペアが二人三脚で走る「ラブラブ」、2組ペアによる二人三脚のリレー「SUPERラブラブ」、ムカデ競争の形式で足首をロープで繋げて、4人が一体となって競う「ムカデ」といった、バラエティに富んだ、通常の大会にはない4つの団体種目も用意。朝9時のスタートから5時間で走った距離を競う。

場内イベントでは、日産自動車の協賛により、映像で周囲の状況を把握できるアラウンドビューモニター体験、電気自動車『リーフ』の試乗会、車両展示を行うほか、旅行会社HISによる移動相談車や、オプトクリエーションの水素水「アスミーテ」などの出展を予定している。

また、当日はクリスタルルーム(ピットビル2F)を利用できる休憩室を設け、室内からの観戦が可能。

参加料は6歳以上の個人参加が5000円、団体種目は「GT」が1チーム1万6000円、「ラブラブ」が同8000円など。12月27日まで参加者を受け付けている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集