夫婦で使えるスタイリッシュデザイン…幼児2人同乗電アシ自転車「ギュット・ミニ・DX」発売

自動車 ニューモデル モビリティ

ギュット・ミニ・DX(BE-ENMD036)
  • ギュット・ミニ・DX(BE-ENMD036)
パナソニックサイクルテックは、幼児2人同乗対応電動アシスト自転車「ギュット・ミニ・DX」を2014年2月上旬から発売すると発表した。

ギュットシリーズは2011年に発売した、子どもの安全を重視するおしゃれな子育て世代向けモデルで、特に「ギュット・ミニ」はニーズの高い20型の小径モデルの子供乗せ自転車。

今回発売する「ギュット・ミニ・DX」は、細く直線的なフレームと、従来比1.25倍の幅広タイヤを採用することで、夫婦で共有しやすいスタイリッシュなデザインを目指した。カラーバリエーションも従来の5色から8色に増やし、チェーンケースもフレームと同色とすることで統一感のあるデザインに仕上げた。チャイルドシートのデザインには、ボーダー柄を採用した。

また、業界で初めて巻取り式リールベルトを採用した。子どもを支えながらでも自動車のシートベルトのように片手で簡単にベルトを装着できる。季節の服装に応じたベルトの長さ調整も簡単で、子どもの成長に合わせて高さ調節が可能なヘッドレストや、足をのせるステップ部分の調整にはワンタッチ機能を採用した。

子どもを抱えたままの状態でも片手で簡単に調整できるほか、前チャイルドシートのサイドの高さを従来より約51ミリ、後ろチャイルドシートを装着するキャリヤの高さを約33ミリ低くし、子どもの乗せおろしを容易にした。

電動アシスト自転車には、スピードを感知するスピードセンサーを搭載する。自社開発したスピードセンサーは、センサーを前車輪のハブケース内へコンパクトに配置することで、車輪止めに接触することによる変形や破損リスクの軽減を図った。

生産計画は年間2万台。価格は13万6000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集