成田国際空港、年末年始の旅客利用者数6.5%増の128万人を予想

航空 企業動向

成田国際空港が発表した年末年始(2013年12月20日~2014年1月5日)の旅客推計によると、旅客人数が前年同期実績比6.5%増の127万5900人と前年を上回る見通し。

このうち、出国旅客が同7.1%増の65万人、入国旅客が同5.9%増の62万5900人を予想する。

今回の年末年始は日並びが良いことに加え、個人消費の持ち直し傾向が見られることから海外旅行需要が好調に推移している。

また、外国人の旅客は、ビザ発給要件緩和に伴って東南アジアからの訪日観光客の需要が堅調なのに加え、中国からの訪日需要が着実に回復している。

方面別では欧州、アジア、ハワイの人気が高い。出国は12月27日~29日、入国は1月3日~5日に集中する見通し。出国の第1ピークは12月28日で5万人、入国の第1ピークは1月4日で4万9500人。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集