ロッキード・マーチン、15機目のC-5Mスーパーギャラクシーを米空軍に納入

航空 企業動向

米空軍基地に空輸されるC-5Mスーパーギャラクシー
  • 米空軍基地に空輸されるC-5Mスーパーギャラクシー
ロッキード・マーチンは12月13日、ジョージア州マリエッタに所在する同社の施設より、15機目の『C-5Mスーパーギャラクシー』を米空軍に納入したことを発表した。

空軍のクルー達が、デラウェア州のドーバー空軍基地に向けてスーパーギャラクシーを空輸した。この航空機は1ヶ月未満の期間に納入された3機目のC-5Mであり、2013年における5機目のものとなる。

スーパーギャラクシーは戦略航空機としてのスタンダードモデルであり、ミッション機能率を80パーセント上回る。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集