遠州鉄道、創立70周年で70枚の写真展開催…12月16~23日

鉄道 企業動向

遠州鉄道の写真展の案内。会社の創立70周年を記念して70枚の写真を展示する。
  • 遠州鉄道の写真展の案内。会社の創立70周年を記念して70枚の写真を展示する。
  • 創立70周年を迎えた遠州鉄道。1958年から1980年にかけて製造された30形は現在6両(2両編成3本)しか残っておらず、写真のモハ30+クハ80も既に廃車されている。
  • 遠州鉄道の現在の主力車両は1000形と2000形。写真の2000形(左)は10両(2両編成5本)が運用されている。
静岡県の遠州鉄道は12月16日から23日まで、同社の70周年記念事業の一環として「70枚の写真で振り返る『遠鉄電車の歴史』写真展」を上島駅(浜松市中区)コンコース内で開催する。

初日の12月16日は15時から、最終日の23日は15時までの展示となる。また、最終日の23日は展示スペース内で部品の即売会を10時から15時まで実施。駅名看板や電車の前照灯、つり革のほか、創立70周年記念グッズの「ジグソーパズル入り電車缶」なども販売する。

遠州鉄道は1943年11月1日、遠州電気鉄道など6社の合併により発足した。現在は浜松市内の新浜松~西鹿島間17.8kmを結ぶ鉄道線と、静岡県西部の路線バスを運営している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集