【日産 エクストレイル 新型発表】パーキングアシストとブレーキアシストも体験

自動車 ニューモデル 新型車

アラウンドビューモニターで駐車場所を確認する
  • アラウンドビューモニターで駐車場所を確認する
  • 駐車方法を選ぶ
  • 駐車位置を設定する
  • アシスト機能により駐車中
  • 【日産 エクストレイル 新型発表】パーキングアシストとブレーキアシストも体験
  • 【日産 エクストレイル 新型発表】パーキングアシストとブレーキアシストも体験
  • 【日産 エクストレイル 新型発表】パーキングアシストとブレーキアシストも体験
  • 【日産 エクストレイル 新型発表】パーキングアシストとブレーキアシストも体験
12月13日、日産自動車は新型『エクストレイル』のオフロード試乗会を開催したが、特設コースのバンクやラフロードの体験だけでなく、最新のパーキングアシストとブレーキアシストを体験するコースも設定されていた。

新型エクストレイルは、これまでのオフロード性能に加え、クロスオーバーSUVとしての内装の高級感を高めたり、都市部での快適性や利便性、安全性も向上させている。安全性では、VDCなどのアクティブセーフティ機能が強化され、レーンキープ機能、アラウンドビューモニターによる自動パーキングアシストや衝突軽減のためのブレーキアシストなども搭載された。

自動パーキングアシストは、アラウンドビューモニターを見ながら駐車位置を設定したら、ギアをドライブレンジに入れてスタートボタンを押す。あとはアクセルとブレーキ操作をすればステアリング操作は車がほとんど行ってくれる。リバースに入れるタイミングなどは音声ガイドがアシストしてくれる。切り替えしが必要なときも自動アシストを利用できる。

体験デモは、特設コース内だったので、ドライバーはステアリングにはまったく手を触れない状態でテストしてみたが、まったく問題なくぴったり白線内に車を入れることができた。

ブレーキアシストは30km/hから80km/hまで介入が入り、自動ブレーキを踏んでくれる。介入するタイミングはかなり接近してからとなるが、速度によって当然介入タイミングは異なってくる。ただし、30km/h以上の速度になると衝突回避をコミットできないので、あくまで衝突軽減システムと思ったほうがいいとのことだ。停止テストは3度ほど体験したが、もちろん失敗することはなかった。
《中尾真二》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集