アラスカ航空、フライト・アテンダント労働組合と5年間の契約に仮合意

航空 行政

アラスカ航空
  • アラスカ航空
アラスカ航空は12月13日、フライト・アテンダント組合と航空会社の3300人のアテンダントとの新しい5年間の契約に関し、仮合意に達したことを発表した。

現在の契約は2012年5月1日に改正可能となったが、航空会社の契約は期限切れとはなっていない。契約が改正可能となった時より、現在の契約は新しい合意に達するまで有効とされる。

「我々は表示した契約によって合意に達したことをとても喜んでおり、我々の顧客に安全な旅行と賞を獲得したサービスを提供するカギとなる役割を果たす、素晴らしいフライト・アテンダントの貢献を物語っている。我々は労働組合の勤勉な努力によって、我々のフライト・アテンダントの生活の質を改良すると同時に、我々の航空会社が競争性を持続する助けをしてくれたことに感謝している」とアラスカ航空のインフライト・サービス副社長であるアンディ・シュナイダー氏は語った。

この仮合意が労働組合のリーダーに了解され次第、アラスカ航空のフライト・アテンダント達は追認の投票を行い、それは2014年2月中旬に完了することが予想されている。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース