JR西日本、奈良線で「せんとくん」など配したラッピング列車…12月16日から

鉄道 企業動向

12月16日から運行を開始するラッピング列車のイメージ。奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」などを配したラッピングを施す。
  • 12月16日から運行を開始するラッピング列車のイメージ。奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」などを配したラッピングを施す。
  • ラッピング列車には103系の4両編成を使用する。写真は京都駅で発車を待つ奈良行き普通列車の103系。
JR西日本と奈良県は12月12日、「古都奈良の文化財」の世界遺産登録15周年を記念したラッピング列車を運行すると発表した。12月16日から運行を開始する。

両者は10月に包括連携協定を締結しており、ラッピング列車の運行はその一環。103系4両編成1本に、社寺の写真や奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」などを配したラッピングを施す。

主に奈良線京都~木津間を走行するほか、関西本線(大和路線)加茂~JR難波間や大阪環状線でも運行する。運行期間は2014年3月末までの予定。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集