【日産 エクストレイル 新型発表】アウトドアを楽しむ人に最適な道具であり続ける3代目

自動車 ニューモデル 新型車

日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
日産自動車は12月11日、横浜の日産グローバル本社ギャラリーにて3代目となる新型『エクストレイル』を発表した。

新型モデルでは、エクステリアデザインが先代までのアウトドア感あふれた”タフギア”としてのイメージから大きく変わり、都会的なSUVというイメージを持つかもしれない。

実際はどうなのか。新型エクストレイルは、前モデルで好評の4WDシステム「オールモード 4×4-i」をさらに進化させ、世界初となる「アクティブライドコントロール」「アクティブエンジンブレーキ」「コーナリングスタビリティアシスト」といったシャシー制御技術を搭載。従来モデルよりも高い走破性能と操縦安定性を手に入れている。

さらに、防水加工フロア、防水シート、防水ラゲッジルームなどが引き続き採用されたほか、新たに荷室の間仕切りが簡単に行えるフレキシブルラゲッジ機能や大容量コンソールなどを採用しアウトドアで使い倒せる”タフギア”としての性能をさらに引き上げている。

新型エクストレイルについて、日産自動車のリージョナルプロダクトマネージャー 富岡保氏は「エクストレイルの1番大切な部分は、スポーツやレジャーを楽しむ人たちに最適な道具であり続けるということ。それに加え、スポーツやレジャーを楽しめる魅力だけでなく、行き帰りや駐車するシーンで必要な安全性や燃費性能などあらゆる面を高めた」と述べた。

新型エクストレイルは12月16日より全国一斉に発売する。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集