【日産 エクストレイル 新型発表】”タフギア”としての性能だけでなく、安全性も向上させた”最強”SUV

自動車 ニューモデル 新型車

日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
  • 日産 エクストレイル 新型発表
日産自動車は12月11日、横浜の日産グローバル本社ギャラリーにて、3代目となる新型『エクストレイル』を発表した。

新型エクストレイルは、前モデルで好評の4WDシステム「オールモード 4×4-i」をさらに進化させ、防水加工フロア、防水シート、防水ラゲッジルームなどが引き続き採用されたほか、新たに荷室の間仕切りが簡単に行えるフレキシブルラゲッジ機能や大容量コンソールなどを採用しアウトドアで使い倒せる”タフギア”としての性能をさらに引き上げている。

さらに新型モデルでは、車庫入れや縦列駐車を自動操縦でサポートする「インテリジェントパーキングアシスト」機能のついたアラウンドビューモニターやBSW(後側方車両検知警報)、ふらつき警報をメーカオプションとして採用。エマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシストなどをグレード別に設定することで”タフギア”としての価値だけでなく、安全性も高めていることが特徴である。

発表会において、日産自動車のリージョナルプロダクトマネージャー 富岡保氏は「エクストレイルのブランドプロミスはラフロードの走破性。そこはぶれずにやってきた。さらに3代目では、どんなシーンでもより高い満足をいただけるよう様々な技術を”てんこ盛り”した。最強のSUVができたと思っている」と話した。

新型エクストレイルは12月16日より全国一斉に発売する。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

特集