【タイ自動車エキスポ13】受注台数、前年比6割減ペース

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】11月29日に開幕したタイ最大規模のモーターショー「第30回タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ2013」の会場での受注台数(速報値)は4日までの6日間で1万4549台だった。

 昨年のモーターエキスポの受注台数は開幕から6日で3万8633台。今年はタイ政府が昨年実施した自動車購入の優遇税制の反動と、11月から続く反政府デモの影響で、消費意欲が落ち込んでいるもようだ。

 4日までのブランド別の受注台数は1位がトヨタで2887台、2位ホンダ2441台、3位日産1642台、4位いすゞ1638台、5位三菱自動車1255台、6位フォード1036台、7位マツダ966台、8位メルセデス・ベンツ429台、9位シボレー371台、10位スズキ362台、11位現代自動車339台――。

 「タイランド・インターナショナル・モーターエキスポ」は10日まで、バンコク郊外のイベント施設インパクト・ムアントンタニで開催される。

タイモーターエキスポの受注、前年比6割減ペース

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集