DVD「車両基地」シリーズの写真集12月17日発売…山手線の24時間を記録

鉄道 エンタメ・イベント

12月17日に発売される写真集「車両基地 山手線」の表紙
  • 12月17日に発売される写真集「車両基地 山手線」の表紙
  • 12月17日に発売される写真集「車両基地 山手線」の収録写真。電気試験検測車193系
  • 12月17日に発売される写真集「車両基地 山手線」の収録写真。東京総合車両センターに並ぶ山手線電車
  • 12月17日に発売される写真集「車両基地 山手線」の収録写真。新宿駅東口
  • 12月17日に発売される写真集「車両基地 山手線」の収録写真。東京総合車両センターの俯瞰
山手線の全車両が所属する「東京総合車両センター」の様子を収めた写真集「車両基地 山手線」が、オレンジページから12月17日に発売される。今年1月に発売された、同センターなどを紹介するDVD「車両基地」の映像や未公開写真などを使い、車両基地の24時間を記録した内容。

DVD「車両基地」は東京総合車両センター、長野新幹線車両センター、尾久車両センターなどの様子を収録し、今年1月にユニバーサルミュージックから発売。その後も関東私鉄の車両基地を題材とした第2弾、東急バスの営業所を取り上げた第3弾が発売され、累計販売枚数は1万枚を突破したという。

今回発売される写真集は、同DVDシリーズの監修を務めたジェイアール東日本企画の手老善さんが監修。もともと仕事で車両基地や終電後の駅を訪れる機会が多く、一般には見られない風景を「世に出したい」という思いがあったという。DVD撮影時には同時に写真も撮影しており、貴重なシーンを「出さないのはもったいない」と写真集を企画した。今年は山手線に緑色の電車が登場してから50周年にあたる「山手線イヤー」でもあることから、同線に焦点を当てた内容となったという。

写真集は朝から深夜までの山手線と車両基地の様子を追った内容。地下車両基地の様子をはじめ、車両の入れ替えに使用される牽引車、既に廃車となった電気試験検測車193系の姿などのカット、DVDでは未収録のシーンも盛り込まれている。

「ふだん見る山手線とちょっと違う雰囲気の『裏側』を見てほしい」と手老さん。「東京23区内にこんな巨大な地下空間があるのかと思える、秘密基地のような」地下車両基地の様子や、そこに並ぶ「ステンレス製車両の輝き」などがポイントという。

サイズはB5変形判112ページで、予価は1714円。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集