京王の吉祥寺駅ビル「キラリナ」、2014年春オープンへ

鉄道 企業動向

「キラリナ京王吉祥寺」の外観イメージ。2014年春にオープンする予定。
  • 「キラリナ京王吉祥寺」の外観イメージ。2014年春にオープンする予定。
  • 「キラリナ京王吉祥寺」の2階コンコースのイメージ。30代女性を主なターゲットとした商業施設にするという。
京王電鉄はこのほど、建替工事中の井の頭線吉祥寺駅(東京都武蔵野市)の駅ビルについて、「キラリナ京王吉祥寺」として2014年春にオープンすると発表した。

キラリナ京王吉祥寺は約3400平方mの敷地に設けられる、地下2階・地上9階の商業施設。ビルの名前には「キラリと光るモノ・コトがたくさん見つかる。いつも私をキラリと輝かせてくれる。そんな晴れやかな舞台でありたいという思い」を込めた。延床面積は約2万8000平方mで、30代女性を主なターゲットにした店舗を展開する。

各フロアの構成は、地下2階が駐車場、地下1階が食品、1階が軽飲食や雑貨など、2~5階がファッション・雑貨、6階が雑貨、7階が書籍など、8・9階がホビー。9階には屋上庭園も設ける。鉄道駅の改札階はJRが2階、井の頭線が3階になる。

吉祥寺駅は1899年、甲武鉄道(現在の中央本線)の駅として開業。1934年には帝都電鉄(現在の京王電鉄井の頭線)も吉祥寺駅に乗り入れた。井の頭線の1日平均の乗降人員は14万1475人(2012年度)で、前年度に比べ0.4%増えている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集