スターフライヤー、2013年10月度の利用実績・運航実績を速報

航空 企業動向

スターフライヤー プレスリリース
  • スターフライヤー プレスリリース
  • スターフライヤー プレスリリース
スターフライヤーは、2013年10月度の利用実績と運航実績を発表した。

それによると、国内線については、提供座席数が前年比で151.4%、旅客数が同151.1%と増加したが、利用率については福岡-羽田線のマイナス10.5%が響いて、トータルで同マイナス4.5%の減少になった。

国内線の運航実績については、定時出発率がマイナス2.5%低下したことが目につく。

国際線については、利用実績、運航実績とも良好なデータであった。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集