川崎重工、「オリエント・アイリス」の命名・進水式を実施…省エネタイプの運搬船

船舶 企業動向

川崎重工業、リベリアのレプタ・シッピング・カンパニー・リミテッド向け55型ばら積運搬船「オリエント・アイリス」の命名・進水式を開催
  • 川崎重工業、リベリアのレプタ・シッピング・カンパニー・リミテッド向け55型ばら積運搬船「オリエント・アイリス」の命名・進水式を開催
川崎重工業は、神戸工場でリベリアのレプタ・シッピング・カンパニー・リミテッド向け55型ばら積運搬船「オリエント・アイリス」の命名・進水式を行ったと発表した。

船は、川崎重工が新たに開発した省エネタイプの55型ばら積運搬船の1番船で、進水後岸壁で艤装工事を行い、2014年3月に竣工、レプタ・シッピングに引き渡す予定。

船は船首楼付き平甲板型で、穀類、石炭、鉱石、鋼材などの貨物が積載可能な5つの船倉を持つ。各ハッチカバー間の船体中心線上に4基の30トンデッキクレーンを装備しており、荷役設備の無い港湾でも荷役作業が可能。

主機関には、燃料噴射に電子制御方式を採用した新開発ME-B省燃費型ディーゼルエンジンを採用したのを始め、高効率タイプのプロペラ、カワサキフィン付きラダーバルブ、コントラフィン付きセミダクト、抵抗の少ない滑らかな船首形状を採用することで、推進性能を向上、燃料消費量の低減を図った。

主機関と発電機用エンジンは、海洋汚染防止条約によるNOx排出量二次規制に対応している。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集