スターフライヤー、新造のA320から新型シートと機内エンターテインメントシステムを導入

航空 企業動向

スターフライヤー、A320に新シートと新しい機内エンタテインメントシステムを導入
  • スターフライヤー、A320に新シートと新しい機内エンタテインメントシステムを導入
  • シート埋め込み型の薄型タッチパネル式液晶モニターを採用
  • AVOD(オーディオ・ビデオ・オン・デマンド)システムを採用
  • 傾斜角度を大きくしたシートを採用
スターフライヤーは、11月21日に受領した新造機エアバスA320型機(JA22MC)から、新シートと新しい機内エンターテインメントシステムを導入すると発表した。

シートに、埋め込み型の薄型タッチパネル式液晶モニターを採用することで、快適性を保ったまま、シートのスリム化を実現した。現行に比べ、より広くゆったりと過ごすことができる。

角度も傾斜角度を大きくし、リクライニングをしない状態でも、くつろげるよう設定した。

シート表面には、革を特殊な製造方法により、効率的に使用したコンポジションレザーを採用した。新シートを導入することで約12.5%軽量化を実現し、使用する燃料を削減できる。

また、機内エンターテインメントシステムには、搭乗直後から、好きな時に好きなところから音楽やビデオを楽しめるAVOD(オーディオ・ビデオ・オン・デマンド)システムを採用する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集