GM、中国法人の新社長を任命…わずか1年で交代

自動車 ビジネス 企業動向

GMチャイナの新社長に指名されたマット・チェン氏
  • GMチャイナの新社長に指名されたマット・チェン氏
米国の自動車最大手、GMは11月29日、中国現地法人のGMチャイナの社長人事を発表した。ボブ・ソシア氏は1年で退任し、代わってマット・チェン氏が就任する。

マット・チェン氏は現在、53歳。1976年に、元GM系の部品会社、デルコ・エレクトロニクスにエンジニアとして入社。1995-2000年まで、ドイツ、オーストラリア、中国に勤務した後、2001年にGMの北米部門の商品開発ディレクターに指名された。

2009-2012年までは、GMの中国合弁、上海通用五菱汽車の上級副社長の職に。2012年1月からは、中国エリアでの商品企画を統括している。

GMのダン・アカーソン会長兼CEOは、「マット・チェン氏の中国での強固なリーダーシップに期待する。彼は中国自動車業界に精通しており、合弁パートナーとも緊密な関係を保っている」とコメント。

一方、GMチャイナの社長就任から、わずか1年での退任となったのが、ボブ・ソシア氏。2014年1月1日付けで、GMを定年退職する。ダン・アカーソン会長兼CEOは、「ボブ・ソシア氏をGMチャイナの社長に任命した時から、後継者を育てることを目的にしていた。そして今、マット・チェン氏に、その準備が整った。ボブ・ソシア氏の定年退職を祝福する」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集