西武、埼玉に6カ所目の太陽光発電施設…武蔵横手駅のヤギも除草で協力

鉄道 企業動向

西武鉄道は11月27日、埼玉県飯能市の同社保有地で12月上旬から太陽光発電施設「西武飯能日高ソーラーパワーステーション」を着工すると発表した。西武グループは今年4月に太陽光発電事業に参入しており、同ステーションは6カ所目となる。

設置場所は同社の「西武飯能日高分譲地」内で、面積は約3.9ha。8588枚のソーラーパネルを設置し、同区画の開発・分譲までの間、暫定的に発電事業を行う。発電容量は約2100kWで、年間発電売上額は約9600万円を見込む。発電開始は2014年8月を予定している。

同社はステーションの設置による年間のCO2削減量が約755tとなり、杉の木約5万4000本の植林の効果があげられるとしている。

完成後のソーラーパネル周辺の除草には、池袋線武蔵横手駅に隣接する同社保有地で除草「業務」を行っているヤギ一家も時期によって協力するという。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集