日野、衝突被害軽減ブレーキの機能向上…走行中の先行車両にも対応

自動車 テクノロジー 安全

デュトロ ハイブリッド(参考画像)
  • デュトロ ハイブリッド(参考画像)
日野自動車は11月21日、機能を追加したPCS(衝突被害軽減ブレーキ)等の先進安全技術を開発、大型トラック、大型トラクターと大型観光バスに搭載して来春発売する予定だと発表した。

同社が開発したのは、「PCS」「車線逸脱警報装置」「ドライバーモニター」「左右バランスモニター」の4つ。

PCSでは、走行する先行車に対する追突回避を支援する機能を追加。車線逸脱警報装置では、車線を検知するカメラの性能を向上させ、警報のタイミングの精度を更に高めた。

ドライバーの眼や顔の向きを検知して警報するドライバーモニターでは、サングラスを着用している場合でも眼の開閉状態を検知できるよう、カメラの性能を向上させた。

また左右バランスモニターでは、積荷の偏ったコンテナを搭載した場合に生じるトラクターの傾きを計測し、あらかじめドライバーが設定した傾きを超えた場合にはドライバーに注意を促す。

PCS、車線逸脱警報装置、ドライバーモニターは大型トラック、大型トラクターと大型観光バスに、左右バランスモニターは大型トラクター(海上コンテナ用車型)に搭載する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集