【ロサンゼルスモーターショー13】GM、シボレー コロラド 新型発表…中型ピックアップトラックの新基準を提示

自動車 ニューモデル 新型車

新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
  • 新型シボレー コロラド
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは11月20日、ロサンゼルスモーターショー13でワールドプレミアする新型『コロラド』の概要を明らかにした。

コロラドは、シボレーブランドの主力中型ピックアップトラック。兄弟車には、GMCブランドの『キャニオン』がある。新型は2014年から、米国ミズーリ州のウェンツビル工場で生産されることが決定している。

新型は、フルサイズのピックアップトラックを必要としない顧客に向けて、高い走行性能と機能性を提供することを目指して開発。シボレーは新型コロラドで、中型ピックアップトラックの新基準を提示する。

GMは2013年初頭、主力大型ピックアップトラックのシボレー『シルバラード』とGMC『シエラ』を刷新したばかり。新型コロラドのデザインには、新型シルバラードに導入した最新デザイントレンドを盛り込んだ。

搭載エンジンは、当初はガソリン2種類で、遅れてディーゼルを追加する予定。ガソリンは2.5リットル直列4気筒が、最大出力193ps、最大トルク25.5kgm。3.6リットルV型6気筒が、最大出力302ps、最大トルク37.3kgmを引き出す。最大牽引重量は、3039kg以上の能力を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集