アウディ技術開発担当役員、PHEV「A3 e-tron」を15年前半に日本投入へ

自動車 ニューモデル 新型車

VWグループ プレスラウンドテーブル
  • VWグループ プレスラウンドテーブル
  • アウディ ウルリヒ・ハッケンベルク技術開発担当取締役
  • VWグループ プレスラウンドテーブル
  • VWグループ プレスラウンドテーブル
  • VWグループ プレスラウンドテーブル
  • アウディ ウルリヒ・ハッケンベルク技術開発担当取締役
アウディの技術開発担当取締役を務めるウルリヒ・ハッケンベルク氏は11月19日に都内で会見し、プラグインハイブリッド(PHEV)『A3 e-tron』を2015年上半期に日本市場に投入する計画を明らかにした。

ハッケンベルク氏は「A3 e-tronは走りの楽しみ、高いコストパフォーマンス、すぐれた効率性を実現する優れた車。100km走行あたりのガソリン消費量はわずか1.5リットルで、わずか35グラムのCO2しか排出しない。つまりA3 e-tronのユニークな販売セールスポイントは非常に説得力がある。クラス最高のベンチマークとなるパフォーマンス、スポーティかつダイナミックなハンドリング、プレミアムクオリティのコンパクトカー」と説明。

さらに「1.4リットルTFSIエンジン、最高出力75kWの電気モーター、そして6速Sトロニックトランスミッションで構成するパラレルハイブリッドシステムで、最高時速は222km。次世代ドライブトレーンを載せたコンパクトカーセグメントをみるとA3 e-tronに匹敵する車は無い」と強調。

その上で「日本市場での発売は2015年上半期を予定している。この車は日本でのモビリティニーズのために造られた車だと確信している」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集