日立サンウェイ、合弁でテーマパーク市場に参入

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア クアラルンプール
  • マレーシア クアラルンプール
日立サンウェイ・インフォメーション・システムズはチケット発行ソリューション・プロバイダーのギャラシス・テクノロジーズと合弁でアミューズメント・テーマパーク市場に参入する計画を明らかにした。ザ・サンが報じている。

インフラ・マネージド・サービス(IMS)部門のポートフォリオ拡大のため、東南アジア地域での顧客獲得を目指す。ギャラシスはテーマパークや動物園、ウォーターパークなどでのチケット発行や入園管理、店舗販売時点情報管理ソリューションの提供事業を手がけている。

ギャラシスは2014年上期にロンドン証券取引所の新興企業向け市場AIMにおいて新規株式公開(IPO)を行う計画で、事業拡大を通じて売り上げを50%増加させる目標をたてている。

日立サンウェイとギャラシスは合弁契約に基づき、アミューズメント・テーマパーク市場での新たなビジネス機会を開拓する。域内では中間所得層が増加傾向にあり、今後投資が増加することが見込まれている。
千田真理子

編集部おすすめのニュース