FSW、サーキットトライアル最終戦を12月14日開催

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

走行の様子
  • 走行の様子
  • 特別講師 山路慎一氏
  • ブリーフィングの様子
富士スピードウェイは、12月14日にFISCOライセンス所持者を対象とした、日本自動車連盟(JAF)公認のサーキットトライアル競技「FISCO スペシャル ステージ トライアル(FSST)」の今シーズン最終戦(第3戦)を開催する。

サーキットトライアル競技とは、制限時間内にタイムアタックし、そのベストタイムによって順位を競うもので、FSSTではドライビングの腕試しとして参加できるほか、レースを始めるために必要な国内Aライセンスの受講 資格も取得することができる。

今回のプログラムは、特別講師山路慎一氏によるワンポイント講習のほか、レッスン開始前のウォーミングアップ走行(2~3周)の際には、同伴の方にも参加者の助手席でサーキット走行を体感することができる。

また、本シリーズでは、クラス別にチャンピオンを決定するシリーズポイント制を導入。毎戦の上位者へ賞典を授与する。

参加車両は保安基準に適合したナンバー付乗用車で、参加費は1台1万8000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集