【ロサンゼルスモーターショー13】スバル「SUBA-ROO」、カンガルーのような移動手段…デザインチャレンジ

自動車 ニューモデル モーターショー

スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
  • スバル SUBA-ROO(スバ-ルー)
ロサンゼルスモーターショー主催団体は11月11日、米国で11月19日(日本時間11月20日未明)に開幕するロサンゼルスモーターショー13の恒例イベント、「デザインチャレンジ」の概要を明らかにした。スバル(富士重工)は、『SUBA-ROO』(『スバ-ルー』)を出品する。

ロサンゼルスモーターショーでは毎年、「デザインチャレンジ」と呼ばれるイベントを開催。主に米国カリフォルニア州にデザイン拠点を置く自動車メーカーが参加するデザインコンペティションだ。2013年はトヨタの米国デザイン部門、CALTYデザインリサーチをはじめ、スバル、マツダ、BMWグループ、そして初参加の中国メーカーなど8社がエントリーしている。

第10回目となる2013年のデザインチャレンジのテーマは、「自然の知恵」。スバルの日本のグローバルデザインチームの作品が、SUBA-ROO。

SUBA-ROOは、「アクティブ・ライフスタイル・パートナー」をコンセプトに、人体に装着して使用するロボットスーツ。カンガルーのように、自由自在に飛び跳ねて、目的地へ向かう新しい移動手段の提案だ。名前のスバ-ルーとは、スバル+カンガルーを意味する。

道なき道を行くオールラウンド性能は、スバルらしい部分。スバルが得意とする先進の安全システム、「アイサイト」も搭載。スバルのグローバルデザインチームは、「オン/オフ両ロード、海岸、建物の中など、場所を問わずモビリティの境界を広げ、パーソナルモビリティの楽しさを全ての人に届ける」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集