マレーシア、ペトロナスと伊ヴェルサリス、エラストマー生産で合弁設立

エマージング・マーケット 東南アジア

国営石油会社ペトロリアム・ナショナル(ペトロナス)は、イタリアのヴェルサリスと合弁企業を設立し、ゴム状の弾力性を有する工業用材料のエラストマーの製造、販売、マーケティングを行うと発表した。ザ・サンなどが報じた。

エラストマーはジョホール州ペンゲランにおける石油精製・石油化学コンビナート(RAPID)内で製造する。

合弁企業は、ペトロナスの子会社、ペトロナス・リファイナリー・アンド・ペトロケミカル・コーポレーションが60%、ヴェルサリスが40%出資する。RAPID内に4カ所のエラストマー製造工場を建設し、ヴェルサリスの技術を利用して合成ゴムの製造及び販売を行う。契約期間は30年間。

ペトロナスの川下事業部門担当のワン・ズルキフリ最高執行責任者(COO)は、合弁企業設立はペトロナスにとり、エラストマー分野における立場の強化、ヴェルサリスにとりエラストマー事業のアジア太平洋域内進出を可能とすると述べた。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品