スズキ、ハーフカウルモデル バンディット1250S ABS の車体色変更

モーターサイクル 新型車

スズキ・バンディット1250S ABS
  • スズキ・バンディット1250S ABS
  • スズキ・バンディット1250S ABS
  • スズキ・バンディット1250S ABS
スズキは、大型ロードスポーツモデル『バンディット1250S ABS』の車体色を変更して、11月28日より発売する。

バンディット1250F ABSは、1254cc並列4気筒エンジンを搭載する大型ネイキッド『バンディット1250 ABS』のハーフカウルバージョン。コンパクトなハーフカウルを装着し、高速道路等での快適なクルージングを実現する。

今回、車体色に新色のパールムーンストーングレー(濃灰色)、パールグレッシャーホワイト(白色)を追加。既存色のグラススパークルブラック(黒色)と合わせ全3色の設定とした。

また、フレームカバーとスイングアームの色をブラックに変更したほか、ホイール色をシルバーに統一した。

価格は108万1500円。主要諸元に変更はない。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集