車種別スピーカーパッケージ ソニックプラス、初のアウディ専用モデルを発表

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ソニックプラス・アウディA4専用モデル(ハイグレード)
  • ソニックプラス・アウディA4専用モデル(ハイグレード)
  • ソニックプラス・アウディA4専用モデル(スタンダードモデル)
ソニックデザインは、簡単・確実な装着作業によって純正カーオーディオシステムの高音質化を実現する「ソニックプラス」シリーズの新製品として、アウディ車専用モデル6機種を11月22日より発売する。

新製品は、アウディ車の純正フロントスピーカーとの交換装着に対応した車種別専用エンクロージュア一体型スピーカーパッケージで、今回は『A4』『A3』『A1』それぞれに専用設計した2グレード・計6機種を発売する。

ボルトオン&カプラーオンで対応車種へ簡単・確実に装着できることを目指して設計されており、AVシステムやMMIコントローラー、ステアリングリモコンなどの純正機能を活かしながら音のグレードアップを図ることができる。

さらに今回のアウディ車専用モデルでは、スピーカー取り付け位置からドア内張りまでの距離が遠いという音響的問題を克服するためのアコースティックコントロールエレメントと、純正センタースピーカーをより効果的に活かすためのセンターアッテネーターも新たに付属する。

また取り付けに際しては車両側の改造を必要とせず、接続も車両側の純正カプラーを活かして行えるため、カーオーディオ専門店のほか、カーディーラーにも安心して取り付けを依頼することができる。

価格はCMF(クロスマイクロファイバー)振動板採用のハイグレードモデルが各車種用ともに17万円、DMF(ディファインド・マイクロファイバー)振動板採用のスタンダードモデルが10万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集