エアバス、イージージェットとNicarnica Aviationと共に人工的な火山灰の雲の作成に成功

航空 テクノロジー

AVOIDを装備したA340-300
  • AVOIDを装備したA340-300
  • AVOID飛行テストのエンジニア達
  • 人工的な火山灰を収納したキャニスター
  • AVOIDのクローズアップ
  • AVOIDのクローズアップ
  • AVOIDテストチーム
  • キャニスターのクローズアップ
  • AVOID火山灰センサーのインストレーション
エアバスは11月13日、人工的な火山灰の雲をエアバス『A400M』航空機を使用して作り出し、その雲の中で『AVOID』センサーを装着したエアバス『A340-300 』を飛行させることで、火山灰の種類の特定と集中度の計測に成功したことを発表した。

イージージェットは2014年の終わりまでに幾つかの現行の航空機編隊にスタンドアローンのユニットを装着し、開発を続けることで2010年に起こった広範囲の空域閉鎖に遭遇しないで済む解決策を提供する。

英国の最も大きな航空会社であるイージージェットと、そのパートナーであるエアバスとNicarnica Aviationは、人工的な火山灰の雲を作るというユニークな実験を通し、AVOID火山灰テクノロジーの為のテストの最終ステージの完了を成功させた。

エアバスのA400Mテスト航空機は、1トンのアイスランドの灰を9000フィートと1万1000フィートの高さの間で散乱させ、それによって2010年の噴火の状況を作り出した。そしてAVOIDテクノロジーを搭載した2番目のテスト用航空機であるA340-300が灰の雲に向かって飛行し、60キロメートル離れた場所からそれを検知・測定した。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集