商船三井、フィリピンの台風による被災地を支援するためコンテナ船で救援物資を無償で輸送

船舶 企業動向

商船三井は、フィリピン中部を襲った台風被災地への緊急支援として、コンテナ船による援助物資を無償輸送することを決定したと発表した。

同社は、被災者を支援するため、義援金3万ドルを拠出したが、コンテナ船を活用した援助物資を無償輸送する。

無償輸送するのは、政府系機関や政府認定の支援団体などが手配するフィリピン台風被災者向けの救援物資で、コンテナ船(ドライコンテナ)で輸送する。同社船の直接寄港地発で、マニラまで運ぶ。輸送範囲は、積港コンテナヤードから揚港コンテナヤードまで。

出荷人・荷受人の連絡先が明確であり、出発地・到着地での通関手続き、陸上輸送手続きが出荷人・荷受人により確実に手配されることなどが条件。期間は、11月から12月末までに積港のコンテナヤードに搬入される物資。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集