【BMW i3・i8 発表】i3 航続距離は最大200km

自動車 ニューモデル 新型車

BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i3
  • BMW i8
  • BMW i8
  • BMW i8
BMWジャパンは、次世代モビリティブランド「BMW i」を導入。第一弾として、大都市圏向けEV『i3』とPHVスポーツモデル『i8』を発表した。

両モデルとも、量産車として初めて炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製の基本骨格を採用。高い強度を誇りながら、スチールより50%、アルミより30%の軽量化を実現している。

i3は、最大出力170ps、最大トルク250Nmを発生する電気モーターおよび総電力量22kWhのリチウムイオン電池を搭載。7.2秒の0-100km/h加速をゼロ・エミッション走行で実現する。

一回の充電での航続距離は約130kmから160km。走行モードをエコ・プロモードにすることで約180km、エコ・プロ プラスにすることで約200kmまで航続距離を延ばすことができる。また、レンジ・エクステンダー(発電用エンジン)搭載モデルでは、航続距離を約300kmまで延ばすことができる。

i8は、直列3気筒1499ccのBMWツインパワー・ターボ・エンジンと電気モーターの組み合わせにより、システム・トータル最高出力266kW/362ps、最大トルク570Nmを発生。0-100km/hの加速は4.4秒、EUテスト・サイクルでの燃費は2.5リットル/100kmの低燃費を実現する。

電気モーターのみでの走行の場合、最高速度120km/hまで走行可能で、最長35kmまでゼロ・エミッション電気走行ができる。また、運動性能と効率性のバランスを最適化するコンフォート・モードによる走行では航続距離500km以上を達成する。

価格はi3が499万円、i3 レンジ・エクステンダー装備車が546万円、i8が1917万円。納車は、i3が2014年4月5日から、i8が2014年夏以降の予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集