肥薩おれんじ鉄道、「いい夫婦の日」にあわせ記念フリー切符…発売額は1円単位

鉄道 企業動向

「『いい夫婦の日』記念切符」のデザイン。通常の1日フリー乗車券の半額以下で肥薩おれんじ鉄道線を1日利用できる。
  • 「『いい夫婦の日』記念切符」のデザイン。通常の1日フリー乗車券の半額以下で肥薩おれんじ鉄道線を1日利用できる。
  • 肥薩おれんじ鉄道は旧・鹿児島本線の経営を引き継いだ第三セクター鉄道。貨物列車は電気機関車がけん引しているが、写真の普通列車は気動車で運転されている。
熊本・鹿児島県の肥薩おれんじ鉄道は、11月22日「いい夫婦の日」にあわせ「『いい夫婦の日』記念切符」を11月22日から12月1日まで発売する。2011年に初めて発売された記念フリー切符で、今回で3回目の発売。

発売期間中、同社の肥薩おれんじ鉄道線八代~川内間全線が1日に限り自由に乗り降りできる。ただし観光列車『おれんじ食堂』は利用できない。切符は結婚式の招待状をイメージしたデザインでまとめられており、専用の封筒が付く。

発売額は「いい夫婦」の語呂合わせにちなみ、1円単位の1122円。通常の1日フリー乗車券(2800円)と比較しても半額以下になる。発売枚数は800枚で、八代・日奈久温泉・佐敷・水俣・出水・野田郷・阿久根・川内駅で販売する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集