【WRC 最終戦】クビサ、副ドライバーの変更は別の意味でのチャレンジ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ロバート・クビサ
  • ロバート・クビサ
に行われるラリーGBでWRCクラスのデビューを飾る元F1ドライバーのロバート・クビサが、副ドライバーの変更によって受ける彼のドライビングへの影響について語った記事を公開した。

このラリーでシトロエンDS3 WRCを運転するクビサは、これまでの同国人(ポーランド人)の副ドライバーが引退した為、新たにイタリア人のミケーレ・フェラーラとラリーに挑むこととなる。

「僕は詳しいことは言えないが、マシエク(元副ドライバー)がラリースペインの後に辞めたいと言った。僕は誰にも僕とドライブすることを強制したくないので、代わりとなる最高の解決策を取ることにした」とクビサは語った。

クビサはポーランド人同士のパートナーシップから、イタリア語でペースノートを読む副ドライバーとの協力という変化に対応しなければならない。彼はイタリア語にも堪能だが、それは別のチャレンジになることを認めた。

「僕はとても若い頃からイタリア語を話していたにせよ、言語を変えることは簡単ではないだろう。特に僕は今シーズン、ペースノートに大きな変更をしたので尚更だ。しかし僕達は、できるだけそれをこなさなければならない」とクビサは付け加えた。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集