マツダ アテンザ、RJCカーオブザイヤーを受賞

自動車 ビジネス 企業動向

マツダ・アテンザ
  • マツダ・アテンザ
  • マツダ アテンザ、RJCカーオブザイヤーを受賞
マツダは11月13日、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)による「2014年次RJCカーオブザイヤー」を『アテンザ』が受賞したと発表した。

アテンザは、SKYACTIV技術と新デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したマツダのフラッグシップモデル。高効率かつパワフルな新世代ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」やクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」を設定するなど、SKYACTIV技術を全面的に採用することで、力強く気持ちのよい走り、快適かつ上質な乗り心地を実現した。

今年度の「RJCカーオブザイヤー」の対象車は、2012年11月1日から2013年10月31日までに発売された量産乗用車で、現行アテンザは昨年11月20日の発売。マツダ車による同賞受賞は、2007年の『デミオ』以来、6年ぶり6回目となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集