【自主回収】エネクスオート、電動バイク「e-ランナー」のリチウムイオン電池に不具合…804台を買取

自動車 ビジネス 企業動向

エネクスオート、電動バイク「e-ランナー」を自主回収
  • エネクスオート、電動バイク「e-ランナー」を自主回収
電動バイクを販売するエネクスオートは、電動バイク「e-ランナー」に不具合があったとして自主回収(買取)すると国土交通省に届け出た。

同社が販売している電動バイクの「e-ランナー」に搭載しているリチウムイオンバッテリーに不具合が発覚、一部の商品でバッテリーの残量不足を知らせる「警告灯点滅」と「警告音」が一切鳴らない状態で車両が停止する場合があることが判明した。クレーム件数は31件発生している。

対象台数は、2011年4月1日から2013年11月7日まで販売した804台。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集