東芝、車載用ビューカメラ向けCMOSイメージセンサ「TCM5126GBA」のサンプル出荷を開始

自動車 ビジネス 企業動向

東芝は、車載用ビューカメラ向けにVGAの解像度を持つCMOSイメージセンサ「TCM5126GBA」を製品化し、11月11日からサンプル出荷を開始すると発表した。

新製品のCMOSイメージセンサ「TCM5126GBA」は、ハイダイナミックレンジ(HDR)機能を搭載しており、太陽や車のヘッドライトによる逆光条件でも被写体を高品質な映像で出力することが可能。

さらに、TSV技術を用いたチップサイズパッケージ(CSP)の採用により、パッケージサイズを従来製品、たとえば当社従来品「TCM5114PB」との比較で約30%削減することができ、カメラシステムの小型化を実現できる。

また本製品は、映像の出力を反転するピクチャーフリップ機能、あらかじめ設定した軌跡を画像に合わせて出力するオンスクリーンディスプレイ機能、任意の箇所を拡大するズーム機能を内蔵しており、後方駐車を支援するバックビューカメラシステムへの利用に適している。

シフトレバーを後退から前進に切り替えても一定時間映像を出力するタイマー機能を備えており、切り返し時にも映像が途切ることなく出力できる。電源と連動してセンサが自動で動作する自立動作機能も搭載しているため外付けのマイコンが不要となり、システムの簡素化にも効果があるという。

この新製品のCMOSイメージセンサ「TCM5126GBA」を使用するのに好適な応用機器としては、後方駐車支援用カメラ 、車載用ビューカメラ(バックビュー、アラウンドビュー、サイドビュー用を含む)を挙げている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集