【NASCARスプリントカップ・チェイス 第9戦】ジョンソン、フェニックスでコース記録

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ポールを獲得したジミー・ジョンソン
  • ポールを獲得したジミー・ジョンソン
  • ポールを獲得したジミー・ジョンソン
  • デニー・ハムリン(予選2位)
  • ジョエイ・ロガーノ(予選3位)
  • カート・ブッシュ(予選4位)
  • ジェフ・ゴードン(予選5位)
NASCARは11月8日、フェニックス・インターナショナル・レースウェイで行われたアドボケア500の予選で、現在ドライバーズポイントをリードしているジミー・ジョンソンがコース記録を破る139.222マイル/時のスピードを記録し、ポールポジションを獲得したことを発表した。

ジョンソンは43人のドライバー達の中で41番目に予選走行を行い、路面に付着したタイヤのラバーによるグリップの良さというアドバンテージを活かし、ポールポジションを獲得した。彼はポイントスタンディングで2位のマット・ケンゼスに13ポイントの差をつけて、決勝レースに挑むこととなる。

ジョンソンにとってこのポールは今シーズン3度目、フェニックスでは2度目、キャリアで32度目のものとなった。チェイスのレースでの彼の24勝の内7つの勝利は、ポールからのスタートによって獲得されている。

「僕は特に何か違うことをしたとは感じていないよ。ただチャンピオンシップを勝ち取る為にやっていることで、僕達は20(ケンゼス)に対抗し、やっつける為にトライしている」とジョンソンは語った。

ジョンソンのチームメイトであるデニー・ハムリンが139.023マイル/時で2位となり、ジョエイ・ロガーノが138.942マイル/時で3位、カート・ブッシュ(138.851マイル/時)とジェフ・ゴードン(138.627マイル/時)でその後方に続いた。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集