【東京モーターショー13】UDトラックス、低燃費を追求した実験車両を世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー

クオン・フューエル・デモンストレーター
  • クオン・フューエル・デモンストレーター
  • フラッグシップ大型トラック「クオン」
UDトラックスは、「第43回東京モーターショー2013」に、現行『クオン』比で10%以上の燃費改善を目標とする実験車両『クオン・フューエル・デモンストレーター』を世界初公開すると発表した。新興国市場向け新大型トラック『クエスター』も日本初公開する。

世界初公開となる実験車両クオン・フューエル・デモンストレーターは、現行大型車両クオン比10%以上の燃費改善を目標としている。11リッターエンジンを8リッターにダウンサイジングし、高い走行性を維持しながら燃費を改善する。空気抵抗を低減する空気力学的デザインを進化させるとともに、GPSや地図データを活用して前方の坂道やカーブを認識して車速を制御する「アドバンスド・ドライバー・アシスタンス・システム(ADAS)」の搭載で、省燃費運転を支援する。

また、フラッグシップトラック大型クオンも出展する。日本市場を中心とする先進国市場向けのフラッグシップトラック大型トラックで、エンジンやトランスミッションなど燃費を改善するハードウエアを備える一方、運転者の走行性を支援するソフト技術との組み合わせで、環境性能を追求しながら顧客の車両総保有コストを低減する。

モーターショーでは、ギアシフトの絶妙なタイミングと車速を確保しながら省燃費と快適な操縦性を実現する12速電子制御式トランスミッション「エスコット-5」のカットモデルを展示するほか、GH11型エンジンの心臓部を探訪するバーチャルツアーなどユニークな体験も提供する。

新興国向け新大型トラック、クエスターを日本で初公開する。クエスターは新興国市場の様々なニーズに応え、鉱山開発、建設現場、市内配送、長距離輸送など幅広い用途に対応するモデルで、今年8月から新興市場に投入した。

また、同社は、テレマティクスサービスをクオンの全車種に標準装備し、クエスターと中型トラック『コンドル』ではオプション装備で設定している。このサービスは、顧客車両と同社のサービスネットワーク間を遠隔通信で結ぶことで、燃費や整備日程などを顧客にレポートするなど稼働率の向上に貢献するとともに、ドライバーの省燃費運転を支援する幅広いサービスを提供する。

ショーでは、UDインフォメーションサービスが提供する「燃費王」(省燃費運転支援システム)をゲームで体感できる。

今回のショーでは、これら商品と技術を披露することで、UDトラックスの技術革新の歴史と、世界の商用車業界をけん引する日本のものづくりをアピールする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集