BMWジャパン、総合テレマティクスサービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を発売

自動車 テクノロジー ITS

BMWジャパン、車載通信モジュールを利用した総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を発売
  • BMWジャパン、車載通信モジュールを利用した総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を発売
  • BMWジャパン、車載通信モジュールを利用した総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を発売
  • BMWジャパン、車載通信モジュールを利用した総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を発売
  • BMWジャパン、車載通信モジュールを利用した総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を発売
  • BMWジャパン、車載通信モジュールを利用した総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を発売
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、車載通信モジュールを利用した総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」を、11月8日から発売すると発表した。

同社では「BMW SOSコール」、「BMWテレサービス」の機能を含む「BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダード」を主要モデルで標準装備とし、9月から既にサービスを開始している。

今回、運転中のオペレーターによるナビゲーションの目的地検索・設定、スマートフォンでの車両の遠隔操作などが可能な「BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム」を新たにオプション設定する。

「BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム」では、オペレーターがナビゲーションの目的地設定や、現在地周辺のレストランの検索など、24時間365日サポートする「BMWドライバー・サポート・デスク」、クライメート・コントロールの作動や、ドアのロック/アンロックなど、スマートフォンから車両の遠隔操作が可能な「BMWリモート・サービス」、車内で様々な情報の閲覧・検索が可能な「BMWコネクテッド・ドライブ・サービス」などの機能・サービスがある。

同社では、第43回東京モーターショーのBMWブースでは、BMWコネクテッド・ドライブの各種サービス・機能を紹介する予定。

価格は5万9000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集