【ホンダ オデッセイ 新型発表】飽きの来ない上質なデザインを目指したインテリア

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
  • ホンダ・オデッセイ
新型『オデッセイ』のインテリアのデザインコンセプトは“モダンスイートルーム”だ。

「先代オデッセイは“フューチャリスティック”など、先進さをデザインしてきたが、時間が経つと若干古さを感じてしまうことがある」と振り返るのは、本田技術研究所四輪R&Dセンターデザイン開発室1スタジオの上本勝彦さん。そこで新型は、「“モダンスイートルーム”というデザインコンセプトを立てた。高級なホテルのスイートルームはいつ行っても、新鮮で新しく、常に清潔感があり、飽きの来ないデザインのインテリアなので、そこを目指した」と話す。

具体的には作り込みの部分で、「部品と部品の合わせ目などを、人の目線に入らないところで内側へ折り曲げたうえで(部品同士を)合わせるなど、細かい処理を行うことで、より高級感を狙ったデザインにした」という。

上本さんは、「先代はデザインが先行しすぎてしまった。部品を分割して作ると、それぞれの合わせが大変になり、場合によっては気付かない範囲でずれることもある。そこから安っぽさが生まれてしまう」と述べる。そこで、新型は、極力合わせを見込んだデザインにした。「本来工業デザインはこれらを見込んだデザインをしなければいけない。なおかつクリーンにデザインした」とする。

面質にもこだわった。具体的にはソフトな素材を使っているところは柔らかく見せるような形状を取り入れた。「センタークラスターのエアコンの吹き出し口まわりは、曲率をきつくすると、とても堅そうに感じてしまう。そこで、角を落として丸くし、柔らかさを感じるようにデザインした」といい、「いつまでも長く乗ってもらえるデザインを目指して、そのためには上質なデザインであるべきだと考えたのだ」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集