【国際ロボット展13】ヤマハ発動機、スカラロボットの新モデルを発表

自動車 ビジネス 企業動向

ヤマハスカラロボット「YK400XR」(左)、ヤマハロボットコントローラ「RCX340」(右)
  • ヤマハスカラロボット「YK400XR」(左)、ヤマハロボットコントローラ「RCX340」(右)
ヤマハ発動機は、従来機に対して高速化、高性能化を図りながら、30%以上の低価格化を実現したヤマハスカラ(水平多関節型)ロボット「YK400XR」を、新開発の高機能多軸ロボットコントローラ「RCX340」と合わせて、2014年1月より発売する。

RCX340は、同社の産業用ロボット全機種を駆動できる最新機種で、従来の「RCX240」の後継機種にあたる。拡張性とネットワークを充実し、より多彩で広範囲なシステム構成を図りながら、355×195×130mmという業界最小のコンパクトサイズを実現した。

セット価格は79万8000円。

なお、YK400XRとRCX340は、11月6日から9日まで東京ビックサイトで開催される「2013 国際ロボット展」へ出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集