トヨタ、通期営業利益を最高に迫る2兆2000億円に修正

自動車 ビジネス 企業動向

小平信因専務
  • 小平信因専務
  • トヨタ クラウン「アスリート ハイブリッド G」(参考画像)
  • トヨタ・アクア(参考画像)
トヨタ自動車は11月6日、2014年3月期の連結業績予想を上方修正して発表した。営業利益は8月時点より2600億円多い2兆2000億円(前期比67%増)とし、過去最高だった08年3月期の2兆2703億円に次ぐ予想とした。

通期の連結世界販売計画は910万台(3%増)を据え置いたものの、為替レートの見直しによる効果や原価改善への取り組み強化などで、大幅な上方修正となった。純利益も同様に過去2番目となる1兆6700億円(74%増)と、前回より1900億円上方修正した。為替は下期1ドル95円で通期では同97円と、前回より5円円安に見直した。

東京で会見した小平信因副社長は、「円高修正の効果と並んで原価改善、さらに粗利の改善といった営業面の努力も進める。引き続き為替変動に左右されない体質づくりに取り組んでいく」と語った。

第2四半期(4~6月期)累計も高水準の利益となり、純利益は1兆6億円(前年同期比83%増)と上期では初めて1兆円を突破し、過去最高となった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集