ダンロップ、軽自動車/コンパクトカーセグメントの顧客満足度で第1位の評価を獲得

自動車 ビジネス 企業動向

住友ゴム工業のダンロップは、CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D.パワーアジア・パシフィック「2013年日本リプレイスタイヤ顧客満足度調査」において、軽自動車/コンパクトカーセグメントの顧客満足度で第1位の評価を獲得した。

J.D.パワーアジア・パシフィックが実施した今回の調査は、市販用夏用タイヤ(冬用タイヤを除く)を新品で購入後、3~14ヶ月経過したユーザーを対象に、「グリップ/ハンドリング性能」、「乗り心地」、「耐摩耗性能」、「見栄え」の4つのファクターにおける、合計10項目の満足度を調査するもので、ダンロップは軽自動車/コンパクトカーセグメントの顧客満足度で第1位の評価を獲得した。

本年の調査は2013年8月に実施されたもので、総計7442人から得た回答をもとに、顧客満足度を算出しており、評価は、軽自動車/コンパクトカーセグメント、ミッドサイズセグメント、ラージセグメント、ミニバンセグメントの4つのカテゴリーを、各1000ポイント満点で採点される。

ダンロップは軽自動車/コンパクトカーセグメントにおいて580ポイントを獲得し、2位のブリジストン577ポイントを僅少差で抜き、1位となった。
《平泉翔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集