【NASCARスプリントカップ・チェイス 第8戦】ジョンソン、テキサスのレースで圧勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ジミー・ジョンソン
  • ジミー・ジョンソン
  • ジミー・ジョンソン
  • ジミー・ジョンソン
  • ジミー・ジョンソン
  • ジミー・ジョンソン
  • ジミー・ジョンソン
NASCARは11月3日、この日テキサス・モーター・スピードウェイで行われたAAAテキサス500のレースで、ジミー・ジョンソンが合計334ラップ中255ラップをリードするという圧倒的な強さを見せ、勝利したことを発表した。

スプリントカップのチェイスを2戦残し、ジョンソンは次の日曜日に行われるフェニックスのレースに、今回4位でフィニッシュしたケンゼスから7ポイントのリードを保持して挑むこととなる。

「僕達はとてもスムーズな予選とプラクティスのセッションを経て、スピードを重ねていった。そしてそれが今日報われることとなった。マット(ケンゼス)がトップ5にいたので、勝利して幾つかのポイントを稼ぐことが必要だったんだ」とジョンソンは語った。

デール・アーンハート・Jrがジョンソンに続く2位となり、ジョエイ・ロガーノが3位に入賞した。

「No.48(ジョンソン)は別の階級にいたね…誰も彼に対抗できる術を持っていなかった」とアーンハート・Jrは語り、さらにロガーノも「3位でフィニッシュしたことにがっかりはしていないが、No.48は馬鹿みたいに速かったよ」と付け加えた。

一方、このレース前にポイントスタンディングで3位に付けていたジェフ・ゴードンは74ラップ目に車をウォールに衝突させ、車の修理後に185ラップ遅れでレースに戻ったが38位でのフィニッシュとなり、5度目のタイトル獲得への夢は潰えることとなってしまった。

AAAテキサス500後のスタンディング

1. ジミー・ジョンソン(2342)
2. マット・ケンゼス(2335)
3. ケビン・ハーヴィック(2302)
4. カイル・ブッシュ(2290)
5. デール・アーンハート・Jr(2280)
6. クリント・ボウヤー(2273)
7. ジェフ・ゴードン(2273)
8. グレッグ・ビッフル(2269)
9. ジョエイ・ロガーノ(2251)
10. カート・ブッシュ(2246)
11. カール・エドワーズ(2226)
12. ライアン・ニューマン(2224)
13. ケーシー・ケーン(2209)
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集