豊田通商など、FCV向け商業用初の水素ステーション事業に参入

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ自動車 FCV試作車
  • トヨタ自動車 FCV試作車
  • トヨタ自動車 FCV試作車
豊田通商は10月28日、日本エア・リキードとともに新会社「豊通エア・リキードハイドロジェンエナジー株式会社」を設立し、日本で初めて商業用の燃料電池自動車(FCV)向け水素ステーションを設置すると発表した。

両社は、水素ステーション運営を目的とした新会社の設立に向け、10月8日に名古屋市内で調印式を行った。新会社は、商業用として国内初の水素ステーションを名古屋市熱田区と愛知県豊田市に設置し、2015年に国内自動車メーカー各社が予定しているFCVの市場投入に先立ち、2014年末の稼働を目指す。

なお、日本エア・リキードの親会社であるエア・リキードグループは主に工業向け水素ガスに関して長い経験を有するとともに、これまで全世界で約60か所のFCV向け水素ステーションの設置実績を持つ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 豊田通商など、インド・ドレラ新国際空港の建設・運営参画に向けて事業化調査 画像 豊田通商など、インド・ドレラ新国際空港の建設・運営参画に向けて事業化調査
  • トヨタみらいじどうしゃフェスティバル、燃料電池自動車の体験試乗など…10月26日・27日 画像 トヨタみらいじどうしゃフェスティバル、燃料電池自動車の体験試乗など…10月26日・27日
  • 【スマートモビリティアジア13】日産FCEV開発推進室 坂幸真室長「EVとFCVの棲み分けで電動化の拡大を」 画像 【スマートモビリティアジア13】日産FCEV開発推進室 坂幸真室長「EVとFCVの棲み分けで電動化の拡大を」
  • トヨタ、FCV試作車「乗り比べると全然違う」 画像 トヨタ、FCV試作車「乗り比べると全然違う」

特集

おすすめのニュース