バリアフリー化率、ノンステップバス41.0%、旅客船24.5%、航空機89.2%…2012年度末

自動車 社会 行政
国土交通省は、バリアフリー法に基づく2012年度末時点でのバリアフリー化の進捗状況を公表した。

1日当たりの平均的な利用者数が3000人以上の全旅客施設のバリアフリー化率では、段差の解消が前年度末と比べて0.8ポイントアップの81.9%となった。内訳は鉄軌道駅が81.8%、バスターミナルが82.7%、旅客線ターミナルが87.5%、航空旅客ターミナルが84.8%だった。

視覚障害者誘導用ブロックの設置が0.5ポイントアップの93.1%だった。内訳は鉄軌道駅が93.4%、バスターミナルが84.6%、旅客船ターミナルが56.3%、航空旅客ターミナルが97.0%。

障害者用トイレの設置が1.1ポイントアップの79.1%となった。鉄軌道駅が79.1%、バスターミナルが63.4%、旅客船ターミナルが71.4%、航空旅客ターミナルが100%だった。

車両などのバリアフリー化率では、鉄軌道車両が3.0ポイントアップの55.8%、ノンステップバスが2.6ポイントアップの41.0%、リフト付きバスが0.3ポイントアップの3.6%、福祉タクシーが前年度末から757台増えて1万3856台となった。旅客船では、前年度末から3.9ポイントアップして24.5%、航空機が3.1ポイントアップの89.2%だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 国交省、「バリアフリー新法」2012年の進捗状況を公表 画像 国交省、「バリアフリー新法」2012年の進捗状況を公表
  • JR東海、バリアフリー設備の整備状況を発表…対象駅の約8割で段差解消 画像 JR東海、バリアフリー設備の整備状況を発表…対象駅の約8割で段差解消
  • 【バリアフリー13】ヤマハ発動機、開発中の車いす用電動ユニットを出展 画像 【バリアフリー13】ヤマハ発動機、開発中の車いす用電動ユニットを出展
  • 【バリアフリー13】ホンダ、N BOX + の車いす仕様を中心に出展 画像 【バリアフリー13】ホンダ、N BOX + の車いす仕様を中心に出展

特集

おすすめのニュース