【マツダ アクセラ 新型発表】開発主査「核になるガソリンエンジン」

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ 新型アクセラ
  • マツダ 新型アクセラ
  • マツダ 新型アクセラ
  • マツダ 新型アクセラ
  • マツダ商品本部猿渡健一郎主査
  • マツダ 新型アクセラ
  • マツダ 新型アクセラ
マツダが10月10日から予約販売を開始する新型『アクセラ』は、ガソリンエンジンに加えてディーゼルエンジン、ハイブリッドの3つのパワートレーンが用意される。ただディーゼルは5ドアハッチ、ハイブリッドはセダンのみでの設定となる。

新型アクセラの開発主査を務める猿渡健一郎氏は「まずアクセラといったら5ドアハッチ。『アクセラスポーツ』という名前を含めてスポーティなイメージを持たせている。だから我々として核になるのはやはりガソリンエンジンになる」と語る。

その上で「回す楽しさというのは絶対にあると思っていて、そのためにターボを付けずに自然吸気にこだわっている。だからまず今までアクセラを買って頂いたお客様に5ドアハッチとしてちゃんとお届けをしたい」と強調する。

セダンにだけハイブリッドモデルを設定したことについては「実はアクセラは日本で3割しかセダンが売れていない。ハイブリッドは街中でものすごく燃費が良くなる。街中のイメージだと、どちらかというと5ドアハッチよりセダンの方が強い。それにハイブリッドのお客様を色々と分析すると結構ご高齢の方が多い。そういうことからするとセダンとの組み合わせが良い」と説明。

その一方で「実は技術的な問題がひとつあって、我々は足回りというのはものすごくこだわっていて、リアサスペンションのマルチリンクは絶対どんなことがあってもはやめたくない。ただかなりのスペースをとるので、(ハイブリッド用の)電池が結果的に床下に入らなくなる。そうすると5ハッチでシート可倒できなくなり商品として成り立たなくなる」と明かす。

「ただ5ハッチにハイブリッドが設定できないことがキリングファクターになるか調べてみたところ、決してそうではなくて、むしろセダンとの組み合わせの方が相性が良いだろうということでセダンにハイブリッドを組み合わせた」と語る。

またディーゼルに関しては「ディーゼルの方はもっと単純でスピーティということと、ロングレンジで使うのが非常に良いユニットなので、5ハッチとの組み合わせが文句なしで良い」と述べていた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

  • 日産 デュアリス にワンオフ、「R」開発中…GT-R のエンジン移植 画像 日産 デュアリス にワンオフ、「R」開発中…GT-R のエンジン移植
  • MINI ハッチバック 次期型、2種類のターボエンジン搭載…2.0リットルは192ps 画像 MINI ハッチバック 次期型、2種類のターボエンジン搭載…2.0リットルは192ps
  • ポルシェ 911 に自然吸気最高峰の GT3 新型…開発責任者の思い[動画] 画像 ポルシェ 911 に自然吸気最高峰の GT3 新型…開発責任者の思い[動画]

特集