東京メトロ、銀座線1000系ブルーリボン賞受賞で記念一日乗車券…ヘッドマーク掲出も

鉄道 企業動向
銀座線1000系のブルーリボン賞受賞を記念し、10月13日から発売される記念一日乗車券の告知ポスター(イメージ)
  • 銀座線1000系のブルーリボン賞受賞を記念し、10月13日から発売される記念一日乗車券の告知ポスター(イメージ)
  • 銀座線の1000系。地下鉄車両としては初めてブルーリボン賞を受賞した。記念の一日乗車券が10月13日から発売される
東京地下鉄(東京メトロ)は、銀座線1000系のブルーリボン賞受賞を記念した「東京メトロ一日乗車券」を10月13日から発売する。また、同日から1000系に受賞記念のヘッドマークを取り付けて運転する。

記念の一日乗車券は1000系をあしらったデザインで、13日から車両に取り付ける記念ヘッドマークをデザインした台紙付き。大人用710円で、上野、日本橋、銀座、新橋、赤坂見附、渋谷(銀座線)の東京メトロ定期券売り場で販売する。発売枚数は各駅ともに1000枚。

1000系は2012年4月から営業運転を開始した銀座線の新型車両。同線開業時に活躍した1000形をイメージした外観で、車体全体をレモンイエローでラッピングしている。永久磁石同期モーターや操舵台車の採用など機構面でも優れた性能が評価され、2013年には日本最大級の鉄道愛好者団体「鉄道友の会」が選定しているブルーリボン賞を受賞した。地下鉄車両がブルーリボン賞を受賞したのは1000系が初めて。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

特集